金欠対策!稼ぐ、借りる、貰う、凌ぐ…パターン別解決法

金欠の対策「稼ぐ」「売る」「借りる」アナタにとって最善の方法は?

生活していく上で金欠の時期というものは、誰でも一度はあるものではないでしょうか。特に若い頃はそんなこともあるかもしれませんが、実際に金欠になれば、生活もままならないものです。

なんとかして最低限必要なお金をつくらなければいけないのですが、その方法というのはどのようなものがあるのでしょうか。金欠の時にお金を手に入れるにはどんな方法があるのか、紹介していきたいと思います。

金欠ならばまず稼ぐ方法を模索する!稼ぐには不用品売買や副業がある

田舎の山奥で自給自足の生活をしているならば兎も角、今の世の中、お金がなければ生活していくことはできません。しかし、状況によっては、「今月どうやって生活していこう」と、切羽詰まった人もいるでしょう。なんとしてもお金をつくらないと生活に困ります。

そんな中、お金をつくる方法としては、なんとかして稼ぐという手段を思いつく人は多いのではないでしょうか。

その方法としては、副業で稼ぐか、家にある不用品を売るという方法があります。

今はインターネットのオークションなど、自身の持ち物を売買することが手軽にできるようになりました。自分には不用品でも、人によっては宝物に思えるものもあります。場合によっては高値で売れるものもあります。これを利用しない手はありません。

しかし、逆を言えば必ず売れるとは限らないし、思ったよりお金にならない場合もあります。また、人によっては売るものが家にあまりない場合は、これは使えないかもしれません。

副業は探せばある!多くは在宅や簡単なバイトならば時間の調整も可能

サラリーマンや公務員などの定職についている場合、給料制の方がほとんどだと思います。その為、金欠になった場合、次の月まで収入がなく、生活ができなくなってしまいます。

そんな時の方法の一つとして、「副業で稼ぐ」という方法があります。

もちろん勤めている会社によって副業が認められている場合と認めれらていない場合があるので、難しい問題であるかもしれません。

いずれにしろ、なんとかしてお金をつくる必要はあるでしょう。まずは副業として何があるのかを調べてみると、このような副業の形があります。

  • インターネットを使った在宅ワーク
    (ブログ作成・アンケートモニター・クラウドワークス)
  • 在宅の内職
  • 日雇いのアルバイト
    (交通整理員・新店舗やイベントの看板もち)
  • 短期や短時間のバイト
    (ポスティング・覆面調査)
  • 仮想通貨・株式などの投資

ここにあげたのは一例になりますが、今は、内職もインターネットを介した仕事が主流になっていると言えるかもしれません。

ただ、ネットが苦手な方は、昔からある家で行う内職もあります。どちらにしても、自宅で自分の都合のいいペース(もちろん締め切りがあり、時間がない場合もありますが)で行えるのは魅力でしょう。

ただし、仕事内容によっては単価が低いものもあります。また、ネットの場合、悪徳業者や詐欺のような募集もあるので注意は必要です。

他に、仮想通貨や株式などの投資の形でお金を作る方法があります。

仮想通貨は話題性だけでなく、今後の先行きを考えるとかなり将来性があると言えます。ただし、ネットを介することによる情報やお金の流出というリスクがあります。

また株式にも言えることですが、値動きが激しかったり下落するなど、必ずしも儲かるとは言えないリスクがあります。リスクを承知の上で行う必要があります。

メリットとデメリットをしっかり把握した上で行わないと、後で現状以上に困った状況になる可能性もあります。

確定申告には要注意!目安は副業が20万円を超えるかどうか

通常、2ヶ所以上で給与所得があると確定申告が必要になってきます。そうなると会社に副業がばれるのではないかと心配になるでしょう。

しかし、副業をすると必ず確定申告をしなくてはいけないと言う訳ではありません。

サラリーマンを始めとする給与をもらっている多くの人は、いわゆる年末調整があるのでそもそも確定申告をする必要がありません。

確定申告と言うものについて細かいことまで説明すると年末調整や他の控除の話まで関係して副業の件と話が変わってくるので割愛しますが、副業に関係する内容としては副業の方で20万円以上の収入があると確定申告が必要となってきます。

ですので、本当に一時的に金欠になって単発の仕事をしたぐらいではよほど問題になることはありません。が、副業でガンガン稼ぎたいと言う方は話が変わってきますので、要注意です。

周りに頼める人はいる?身近からお金を借りる方法も一つの手立て

副業でお金をつくることに抵抗がある場合、ではどうしたらいいのか、となると思います。やはりどこかから借りるという方法を思い浮かべる人が多いでしょう。

その筆頭になるのが、やはり親や親類と言えるかもしれません。

まだ若い人ならばに仕送りをしてもらっていたり、仕送りを最近までしてもらっていた、という人もいるかもしれません。ただし、状況によっては必ず借りられるとは限りません。

そもそも周りから借りるとなると、どのようなところから借りられるのでしょうか。あくまで案ですが、このような方たちがいると思います。

  • 親類
  • 友人
  • 会社の先輩や同僚
  • 会社から給料の前借をする

ただし、人によっては借りられなかったり借りにくかったりするかもしれません。

逆に友人等にお金を貸す場合、返ってこない覚悟で貸す方がいいという話もあります。(全員が全員ではないでしょうし、あくまで覚悟の問題でしょう。)

また、会社から給料の前借りができるのかどうかも会社によるかもしれません。

金欠時にはカードローン!ただし審査があるのは忘れてはいけない

身の周りの人からお金を借りることができるのかどうかは、本当に人それぞれです。大抵の場合、借りられる方が少ないと言えるでしょう。

となると、お金をどう作ればいいのか、と言う問題に突き当たります。

やはり、借りることにはなるのですが、「カードローン」という方法があります。

カードローンはその目的が自由です。事業性には使えないというのが多いでしょうが、基本的には何にでも使えます。例えば、生活費でも構わないし旅行に行ってもいいでしょう。ですので、金欠時には重宝します。

しかし、忘れてはいけないが、「審査がある」ということです。今までローンやクレジットカードを利用したことがない人はわからないかもしれませんが、申込者にお金を貸してきちんと返ってくるのかどうか、毎月返済できる収入はあるのか、というのを本人の年収や勤め先を見て判断するのが審査です。

その為、いろいろ質問を受けることも多いです。いろいろ個人のことを聞かれるのは、とても嫌な気分になるかもしれませんが、貸す側としては返済してもらえるかどうかを見極める大切なことでもあります。

審査があるからこそ、無担保でお金を借りることができると言えます。

カードローンは無担保で何にでも利用できるが担保との違いは?

では、担保があれば審査はないのか、と言えばそうでもありません。担保になるモノの金額的な評価も必要なので、その点も含めて審査ということになります。担保があるのとない場合の違いとしては、金利の数字や融資額が大きく変わります。

担保としてよくあるのは家でしょう。有価証券も担保になります。もっと身近なイメージだと、質屋も担保を使った借り入れと言えます。(借り入れではなく、売買の人もいるでしょうが)他にも、担保にしやすいモノとしては、車もあります。

ただ、担保は、無担保ローンよりも条件が有利になるかわりに、返済ができなかった場合のリスクも当然あるので把握しておく必要があります。

クレジットカードは使い様?キャッシング枠を使う方法もある!

カードローンには審査があると言うことで、これも抵抗があるという人もいるかもしれません。

そんな時は、元々持っているクレジットカードのキャッシング枠を利用するという方法もあります。

これは買い物をするのではなく、お金を借りられるという機能です。

カードローンよりも年齢的に早く持つことができる面もあり、今は多くの人がクレジットカードを持っています。クレジットカードは、ショッピングにはとても便利です。

が、クレジットカードについているキャッシング枠についてしっかり理解して活用している人は、クレジット部分よりも少ないと言えます。キャッシング枠をつけていない人もいるでしょう。

しかし、これが結構、重宝することもあるのです。あまり気にしていなかった人は一度、自身の持っているクレジットカードがどうなっているのか、キャッシング枠の限度額はいくらなのかを確認してみるといいでしょう。

手っ取り早く現金が手に入るクレジットの現金化はどうなの?

ただ、中にはやはりキャッシングをつけていない人もいるかもしれません。新たキャッシング枠をつけることはもちろん可能なのですが、面倒と思う人もいるでしょう。(実際にそこまで面倒ではないのですが)また、キャッシング枠の額が少ない場合もあります。

ならば、手っ取り早くよく話題にのぼるクレジットの現金化という方法が、早く現金を手に入れることができると思うかもしれません。

クレジットの現金化も自分で行う場合と専門業者を利用して行う方法があります。ただ、クレジットの現金化については、賛否両論あるので、難しいところかもしれません。

お金をつくる方法はいくつかあるがメリットデメリットを理解しておく

副業をする、周りに借りる、業者に借りる、持っているクレジットカードを活用するなど、お金を作る方法はいくつかあります。

しかし、その内容としては職場環境を含め、自身の状況によりメリット、デメリットが違ってくるはずです。

その為、どの方法がいいかは、それこそ人それぞれと言えるでしょう。

どの方法にしても、自分が後で困らないようしっかりと考えて、金欠を乗り越えるようにしていきたいものです。

おすすめ記事

今、お金をちょっと借りるだけであれば、カードローン...

今大人気の「ネットフリマ」。スマートフォンのアプリ...

金欠の際は、何かしらの方法でお金を融通しなければな...

「空いた時間はあるけれど、お金はないしバイトは出来...

「毎月あと1万円くらい収入があれば、給料日前に金欠...

欲しい服があるなどの理由でお金がいるのなら、給料日...

「もうすぐ家賃の支払いがあるのに、口座に全然お金が...

金欠を解消するために出来ることは、「お金を稼ぐ」か...

「お金がないから保険を解約した」という話、よく…と...

学生だからお金がある…なんてことはなく、学生だから...

閉じる
閉じる