金欠対策!稼ぐ、借りる、貰う、凌ぐ…パターン別解決法

金欠時に便利!クレジットカードキャッシングの賢い使い方を知ろう

手元にお金が無い時でもショッピングができますし、また利用することでポイントも貯まるクレジットカード。とても便利なので、持っていない方は少ないのではないでしょうか。たとえ金欠時でも欲しいものが手に入るので、手元にあると助かります。

とはいえ、例えばお祝いが必要、子供の習い事や塾の月謝が必要など、現金が手元に欲しいと思う時には少し不便ですが、そんな時にはクレジットカードのキャッシング機能を利用してお金を用意することもできます。

ですが、クレジットカードによるキャッシングには、メリットもデメリットもあります。そこで今回は、クレジットカードのキャッシング機能の賢い使い方について考えていきましょう!

クレジットカードによるキャッシングとは?仕組みを確認しよう

クレジットカードと言えば、通常は買い物をしたりサービスの提供を受けたりする際に使用するもので、クレジットカードの発行元の会社が代金を建て替えてくれ、物やサービスの購入者は後からクレジットカードの発行元に代金を支払います。

では、そのような特徴を持つクレジットカードによるキャッシングとは、どのようなものなのでしょうか。見ていきましょう。

キャッシング枠はショッピング枠内で設定される!

クレジットカードはいくらでも買い物に使えるわけではなく、上限の金額が決められていて、これをショッピング枠と言います。この枠はクレジットカードの種類によっても変わりますし、また利用実績によっても変わりますので、上限はいくらまでと言うことはできない性質のものです。

例えば、クレジットカードをたびたび利用し、なおかつ支払いに遅れが無い人の場合、クレジットカードを作った時よりもショッピング枠が増枠されてより高額の買い物に使えるようになることもあります。

それに対して、商品を購入したりサービスを受けたりするのではなく、現金を借りるための枠をキャッシング枠と言います。キャッシング枠は、ショッピング枠とは別に設定されているのではなく、ショッピング枠のうちいくらまではキャッシングに使ってもいいですよ、という決め方をされるものです。

ショッピング枠50万円、キャッシング枠10万円の人の場合、最大でショッピングとキャッシングを合わせて50万円分までカードを利用することができるということです。

キャッシング枠の設定方法

キャッシング枠を設定するかどうかは、入会時に決めることができます。ということは、つけないこともできるということです。また、カードを使っているうちにキャッシング枠をつけていかなったけれどやっぱりある方が便利、などという時には、変更することも可能です。

ただし、キャッシング枠を設定する際には審査がありますので、必ず希望の通り枠が設定されるとは限りません。

キャッシング枠がいくらつけられるのかはクレジットカードによって異なりますし、また中にはキャッシング機能自体が無いカードもあるのですが、キャッシング枠を設定できるクレジットカードの方が多くなっています。

クレジットカードでキャッシングする方法は?

クレジットカードのキャッシング枠を使ってキャッシングしたい場合は、以下のような方法で借り入れをすることができます。

  • コンビニのATM
  • 金融機関のATM
  • 口座への振り込み

キャッシングの方法は持っているカードによって異なりますが、このような方法での借り入れができます。口座に振り込んでもらう場合は、インターネットや電話などで振り込み依頼をします。

金欠時にとても便利!クレジットカードによるキャッシングのメリット

それでは、クレジットカードによるキャッシングにはどのようなメリットがあるのか、詳しく見ていきましょう。

クレジットカード入会時に枠を設定していれば新たな申し込み不要!

クレジットカードによるキャッシングが便利なのは、クレジットカード入会時にキャッシング枠を設定していれば、新たな申し込み不要でキャッシングができることです。これは金欠時に急にお金が必要になった時に、とても助かりますね。

例えば金欠時の急な出費を補う手段としてカードローンの利用を考えたとしても、最短であれば即日融資が受けられるとはいえ、申し込みをして審査を受け、契約をしてから借り入れという流れになるので、どうしてもすぐにお金を借りるというわけにはいきません。

また、商品によっては即日融資に対応できないものもありますし、対応している商品でも審査状況・申し込み時間などによってその日のうちにお金が借りられないこともあり得ます。

ですが、クレジットカードにキャッシング機能をつけていれば、審査にはすでに通っているわけですから、いつでもお金が必要になった時に借り入れができるわけです。急いでいる時には、とても便利ですね。

海外キャッシングも可能です

クレジットカードのキャッシング機能を利用してお金を借りる場合、海外キャッシングが可能なことが多くなっています。海外旅行や出張で海外に行く機会のある方の場合、海外キャッシングの機能も便利に使えます。

カードによっては国内キャッシングと海外キャッシングでは別の手続きをする必要がありますが、海外で利用する可能性がある人は事前に枠を設定しておくといいですね。

カードをたくさん持たなくて済む!

クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りるのであれば、新たにローン専用カードを持つ必要はありません。そのため、カードの管理が楽になりますし、またうっかり誰かにカードローンのカードを見られてしまったということも起こりにくくなります。

ポイントカードやキャッシュカードには様々な種類がありますので、ローン専用のカードを持っていたとしてもそれがローン用のカードかどうかをぱっと見で判断される可能性は低いとはいえ、気になる方もいらっしゃるかもしれません。

そのような時、クレジットカードなら持っていても問題ありませんよね。そういった点でも、クレジットカードのキャッシング機能を使うと便利です。

金利が高め?クレジットカードキャッシングのデメリットまとめ

事前にキャッシング枠を付けておけば、新たな手続き不要ですぐに現金を借りることができるクレジットカードのキャッシング機能ですが、知っておくべきデメリットもありますので、それも知った上で、賢く使いたいものです。

では、クレジットカードによるキャッシングのデメリットとはどのようなことが挙げられるのでしょうか。まとめて確認しましょう。

金利が高めになりやすい

クレジットカードのキャッシング機能は、金利が高めになりやすい傾向にあります。そこで、人気のカードローン商品の金利と比較してみましょう。

まずは、よく知られているクレジットカード会社のキャッシングの金利からご紹介します。

クレジットカードの種類 金利
三井住友VISAカード
(一般カード)
利用枠100~300万円:15.0%
利用枠5万円~90万円:18.0%
三井住友VISAカード
(ゴールド・プラチナなど)
利用枠100~300万円:15.0%または14.4%
利用枠5~90万円:15.0%
オリコカード
(THE POINTなど)
15.0~18.0%
JCBカード 15.0~18.0%
JCBカード
(ザ・クラス会員)
14.10%

では次に、消費者金融の商品の金利を見てみましょう。

消費者金融の商品 金利
アイフル 4.5~18.0%
アコム 3.0~18.0%
プロミス 4.5~17.8%
モビット 3.0~18.0%

金利は、一般的に融資額が多くなるほど低くなる傾向にあります。それを元にクレジットカードのキャッシングの金利と消費者金融の商品の金利を比較すると、上限の金利ではそれほど差が無いので、小額の融資を受けるのであればどちらで借り入れをしてもあまり変わらないと言えそうです。

ですが、高額の融資を受ける場合は、差が出てくる可能性があります。

最後に、銀行のカードローン商品の金利の例を見てみましょう。

銀行の商品 金利
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5%
三菱東京UFJ銀行カードローン
「バンクイック」
1.8~14.6%
みずほ銀行カードローン 2.0~14.0%
楽天銀行スーパーローン
(カードローン)
1.9~14.5%
じぶん銀行カードローン
(じぶんローン)
2.2~17.5%

商品にもよりますが、銀行のカードローン商品の多くは上限の金利の設定がクレジットカードによるキャッシングの上限の金利よりも低いことが多いことが分かります。

これらのことから、特に銀行のカードローン商品と比較した時に、金利が高めになりやすい傾向にあると言えます。

返済の負担増に気をつけて!

これは当然のことと言えばそうなのですが、クレジットカードの利用と合わせてキャッシングで現金も借り入れすると、返済の負担が増えることになります。

クレジットカードのショッピング機能とは別なので、つい何とも思わずに借り入れをしてしまうことがあるのですが、返済が遅れることが続くと借り入れができなくなることもありますので、返済のこともきちんと考えて利用することを忘れないようにしましょう。

これはカードローンを利用した場合も同じです。お金を借りる際には、どのような駆り方をしたとしても帰す時のことをきちんと考えておきましょう。

盗難保険が適用されないことも!

クレジットカードでは、不正使用された場合に重大な過失が無いと認められれば盗難保険を利用することができます。ですが、キャッシングの場合は暗証番号を設定して借り入れをするので、不正使用されたとしたら暗証番号を知られてしまっていることになり、それが重大な過失となるのです。

そのため、盗難保険は適用されないと思って利用するようにしましょう。

住宅ローン審査で不利になる可能性も

住宅ローンは、とても金額が大きなローンです。そのため、審査はとても慎重に行われます。

クレジットカードによるキャッシングはとても簡単で、いつでもお金を借りることができます。

普段はその手軽さが便利なところなのですが、住宅ローンの審査では、クレジットカードのキャッシング枠があるといつでもお金を借りられるのだから、その分は借りたことにして審査をしようということになります。

その分だけ、住宅ローンの審査では不利になってしまいます。

とはいえ、これはクレジットカードによるキャッシングだけに限らす、カードローンでも同じことが言えます。そのため、住宅ローンの審査を受ける予定があるなら、それまでにキャッシング枠を0にしたりカードローンを解約したりする必要があります。

メリット・デメリットを知ってキャッシング機能を賢く使おう

以上の内容を元に、クレジットカードによるキャッシングのメリット・デメリットを最後にもう一度まとめます。

◎メリット

  • 新たな申し込み無しですぐに借り入れできる
  • 海外キャッシングに対応している場合が多い
  • 持つカードの数が増えない

◎デメリット

  • 金利が高め名傾向にある
  • 返済の負担に注意が必要
  • クレジット機能とは違い盗難保険が適用されない可能性が高い
  • 住宅ローン審査時に不利になることも

キャッシング枠をあらかじめつけておけばいつでも借り入れができて、金欠時などにとても便利なクレジットカードのキャッシング機能ですが、ですが、その分金利が高めであるなどのデメリットもあります。

また、返済の負担が増えたり住宅ローンなどの高額のローンの審査で不利になったりするなど、クレジットカードのキャッシング機能を利用する時だけに限らず、お金を借りること全般に共通したデメリットもあります。

そのため、本当に必要なだけ借り入れをする、返済計画をきちんと立てて利用するなど、クレジットカードのキャッシング機能を利用するデメリットを補うような方法を考えて、賢い使い方をしたいものです。

閉じる
閉じる