金欠対策!稼ぐ、借りる、貰う、凌ぐ…パターン別解決法

金欠時に頼れるキャッシング!賢く利用すれば当座はしのげる!

金欠の場合、お金を作るなり、どこからか調達するなりできなければ、あっという間に生活が立ち行かなくなります。それどころか、状況によっては、身体や命に影響が出るかもしれません。

親からお金を借りられるのならばまだいいのですが、周りに借りられるあてがなければなんとかしなくてはいけません。

ただ、「給料までもてば、なんとかなる。」となれば、一時的な用意で済みます。

そんな一時的な借入先としてあるのが、消費者金融などからお金を借りる、いわゆるキャッシングでしょう。この方法ならば、手っ取り早くお金を作れます。

金欠時はどういう対応がある?一時的ならキャッシングも方法の一つ

金欠時ならば、誰もがなんとかしてお金を作っていかなければ生活をしていくことはできません。無職ならば仕事を探して働かなければいけないですし、働けない状況ならば行政の助けを求めるなどしなくては、生きていくのが難しいかもしれません。

このような慢性的な金欠ならば対応は変わりますが、一時的ならば解決策も早く見つけられそうです。

と言っても、お金を用立てないといけなのは確かです。どんな方法があるのかを考えてみます。

  • 親や親類・友人に借りる
  • 貴金属類を担保に質屋に借りる
  • 持っているものを売る
  • キャッシングやカードローンを利用する  など

ここにあげたのは、主に一時的に金欠になった時の対応方法になります。どの方法がいいかは、人それぞれですが、親や友人に借りるのが困難だったり、質屋に持って行ったり打ったりするものがない場合もあります。

一番手っ取り早いのがキャッシングやカードローンと言えると思います。

心配は不要!誰にも知られずにお金を借りることはできる!

ただ、キャッシングなどの場合、元々お金を借りることに抵抗がある人もいるかもしれません。しかし、緊急時にはそんなことは言っていられないと思います。

相手が闇金ならば兎も角、正規の貸金業者ならばきちんと法律にのっとっており、その人の返済能力を考慮して審査をし、融資の有無や融資額を決定します。借りる側が返すあてもないのにお金を借りたり、必要以上に借りたりしたりすれば、当然審査に落ちてお金は借りられません。

しかし、審査で特に返済能力に問題がないと判断されれば、お金を借りて返すということはできるはずです。

特に消費者金融は対応が早く、即日融資も可能となっているところが多くあります。

これは、少しでも早く、お金が必要な時には大変重宝します。困ったその日になんとかなるのは、ありがたいと思います。

他にキャッシングに抵抗がある要因として、周りにバレてしまわないかどうか、という問題があります。

キャッシングが周りにバレる要因

  • キャッシング関係の郵便物が届いてしまう
  • 在籍確認の電話が会社に掛る
  • 利用明細書や、キャッシング記録の記載がある通帳を見られてしまう  など
ただ、必要以上の心配は不要です。と言うのは、多くの貸金業者は、在籍確認の電話を申込者の勤め先に掛ける場合も、会社名は名乗らず個人名で掛けます。または、勤め先がわかる書類を提出することで在籍確認の代わりにするなどの対応をして、周りにバレないよう考慮してくれます。

郵便物も同じく、社名がわからないように上手にごまかして送ってくれる配慮もあります。

申込者本人が、キャッシング関係の書類やカードを他人から見える位置に置いておくなどのうっかりはまた話が別ですが、本来、周りにバレないように配慮がなされています。

それでも、どうしても心配な場合、申し込み時に相談すると対応を検討してくれます。

小額借り入れの方が負担なく返済できる!必要以上には借りない!

キャッシングに申し込み、審査に通ったとして、ただ何も考えずに融資限度額そのままにお金を借りるのは、賢いキャッシングの利用とは言えません。

というのは、金欠になるような人達は、どちらかと言えば、お金の管理が上手とは言えない人が多いのです。

全員がそうだとは言いませんが、中にはお金が使えるからと限度額いっぱいにお金を借りて気が大きくなって、必要以上についお金を使ってしまう人がいます。

借りたお金の額が多ければその分返済が大変になりますし、また何かしらの理由で更にお金が必要になったとしても、後の祭り、となってしまいます。

限度額は少し多めに申し込み、実際には最小限分だけ借りるといい!

返済を考えると、できるだけ小額で済ませられるようにしておくのがいいとは誰もが思うはずです。ただ、実際に申し込みする時に、必要ギリギリの額での申し込みだと、その後でまた本当に困った時にどうにもなりません。

また、審査によっては融資限度額が、希望額よりも少なくなってしまうこともあります。

できれば、必要分より少し余裕を持った金額が限度額になるように、必要分より若干多めの額で申し込みするといいでしょう。

そして、実際に借り入れする時は、必要最小限に抑えておく方が、返済が困らずにすみます。

給料前ならば無利息期間を利用すると負担なく借りて返済ができる!

肝心のどこから借りるのがいいのか、という問題があるのですが、それは貸金業者によってそれぞれの特徴と自分の相性の問題もあるので一概には言えません。

ただ、初めての場合、よく名前を聞く大手消費者金融の方が、安心感はあるかもしれません。

また、給料前の金欠で、給料が入れば全額返済できるような場合は、利息が少なく済みます。本来ならば、毎月一定額の形での返済が通常となっていますが、一括返済は可能なはずです。

しかも、借り入れ日数によってわずかとはいえ、利息の金額が変わってきます。ちょっとだから気にしないのではなく、意識として少しでも早く返すように心掛けると、それが金欠からの脱出にも繋がります。

無利息期間設定は、大手消費者金融が主に行っているサービス

給料が入ったら一括返済が可能ならば、貸金業者の売りにしているサービスを活用するのもありです。

と言うのは、大手消費者金融に多いのですが、無利息期間を設置している貸金業者があります。

無利息期間サービス内容の一例

  • 契約日翌日から30日間利息0円
    (初めての方など条件あり)
  • 初回借入日翌日から30日間利息0円
    (初めての方など条件あり)
  • 借入額の内、5万円まで180日間利息0円
    (初めての方など条件あり)
  • 最初の借り入れから1週間、または完済した翌月の借り入れから1週間無利息  など

ここに無利息サービスの一例をあげました。見てわかるように、細かい部分では貸金業者ごとの違いはあります。

とはいえ、無利息期間の内容としてよくあるのが、契約から(または、借入から)一定期間内に返済をすると、利息が0円になるというサービスです。一定期間を過ぎると利息は当然ついてきます。

利息0円期間に完済が無理でも、できるだけこのサービスを活用すると返済の負担は少なくすみます。もちろん、期間内に完済できればそれが一番です。

ただ、細かい内容は業者業者で違うので、きちんと内容を確認して申し込みしないと、サービスを生かしきれずに終わってしまう可能性もあります。

消費者金融によっては出先でもコンビニでお金を下ろすことが可能!

これも大手消費者金融に多いのですが、借りる際に、コンビニのATMでお金を引き出すことができる貸金業者も増えてきました。

これもかなり大きな特徴と言えるかも知れません。

金欠の場合、一刻を争うまではないかもしれませんが、早急にお金が必要ということもあります。そんな時にコンビニのATMを使ってお金を借りられるならば、ありがたいものです。

ただし、これは必ずしもできるとは限りません。まだまだ対応できていない貸金業者もあります。申し込みしたいと思っている業者が、コンビニ対応できるのかどうかをきちんと確認することをオススメします。

メリットデメリットを把握した上でキャッシングを活用するのがいい!

慢性的な金欠ならば話は変わりますが、親や友人から借りるあてがなかったり、家に売るようなものがなければ、金欠に対応できるのは、キャッシングと言えます。

もちろん、お金を借りるには貸金業者の審査を通らないといけないので必ず借りられる保証はありませんが、それでも貸金業者は1社ではありません。なんとか融資先を見つけることもできるでしょう。

その審査でもそうなのですが、貸金業者によってそれぞれ特徴やサービス内容は、違います。貸金業者のホームページなどや口コミを見て、それぞれのメリットデメリットを把握した上で、貸金業者を選択し上手に活用すると、負担少なく金欠を上手に乗り切ることができます。

気をつけるべきは無理な借り入れ!借りたら闇雲に使うのはダメ

ただし、油断は禁物です。と言うのは、先に限度額は必要額よりも多少余裕を持った方がいいと伝えましたが、それにより気が大きくなり、つい無駄遣いをしてしまう人が時々います。

ATMなどから下ろすお金を、預金と同じように考えてしまう人がたまにいます。貸金業者からのお金は、もらったわけではありません。あくまで借りたお金で、返さなくてはいけません。闇雲にお金を使うと、返済に困ることになってしまいます。

慢性的な金欠にキャッシングは向かない!別の対策を考えるべき

また、金欠と言っても、一時的なものと慢性的なものでは、対応は大きく変わります。

慢性的な金欠の場合、このような問題点があります。

  • 収入が生活に必要な額に満たない。
  • 無駄遣いが多い。

金欠の要因によって対応は変わってきますが、慢性的な場合は、キャッシングを利用するのではなく、根本的な問題解決に動くことが必要です。

あくまでキャッシングは、一時的な金欠の対応策であることを忘れてはいけません。

おすすめ記事

お金を借りて金欠を解消!その方法の代表がキャッシン...

カードローンやキャッシングは金欠の解消に大きく役立...

「お金が必要になってしまった!」そんな事態が起こる...

金欠な時にはカードローンやキャッシングに頼りたいも...

カードローンを利用してみたいけど、「自分が申し込み...

金欠時のサポートとして優秀な「カードローン・キャッ...

お金が必要になった時便利なカードローンですが、金欠...

金欠時、カードローンでお金を借りればしのげる!とい...

カードローン・キャッシングの手続き方法で最近増えて...

金利や限度額でついつい選びがちなキャッシング・カー...

12
閉じる
閉じる